研究業績

Research Achievements

Academic Journals

  1. Tomohiro Maeda and Hideyuki Sotobayashi, “Phase-shifting digital holography without precise alignment of optical elements by using wavefront copy effect of a diffraction grating,” Proc. SPIE, vol.11970, p.11970F, Mar. 2022.

  2. 岡本 淳,前田 智弘,舟越 久敏,“空間光変調器を用いた光波制御と光情報処理,”電子情報通信学会論文誌 C,vol.J103-C,no.10,pp.412–419,2020年10月.(Invited)

  3. Hotaka Hayashi, Atsushi Okamoto, Tomohiro Maeda, Taijun Shiba, Kazuhisa Ogawa, and Akihisa Tomita, “Mode-selective switch for ROADM using volume holograms and spatial light modulator,” Proc. SPIE, vol.11309, pp.1130908-1–1130908-7, Feb. 2020.

  4. Satoshi Kawashima, Atsushi Okamoto, Tomohiro Maeda, Kazuhisa Ogawa, Akihisa Tomita, Ryusuke Osaki, and Naoki Hayashi, “Three-dimensional tomographic imaging and quantitative phase measurement using virtual phase conjugation,” Proc. SPIE, vol.11245, pp.1124510-1–1124510-6, Feb. 2020.

  5. 前田 智弘,岡本 淳,小川 和久,富田 章久,“反復空間クロスモジュレーションによる光複素振幅変調における光利用効率と変調精度との関係に関する解析,”映像情報メディア学会技術報告,vol.44,no.6,MMS2020-31,pp.271–276,2020年2月.

  6. Tomohiro Maeda, Atsushi Okamoto, Kazuhisa Ogawa, and Akihisa Tomita, “Wavefront superposition method for accurate and efficient mode conversion,” Applied Optics, vol.58, no.24, pp.6899–6905, Sept. 2019.

  7. 山岸 信博,岡本 淳,前田 智弘,野澤 仁,小川 和久,富田 章久,“ホログラフィックダイバーシティ干渉法の精度向上に向けた仮想シフト手法における基本動作の解析,”映像情報メディア学会技術報告,vol.43,no.5,MMS2019-18,pp.197–200,2019年2月.

  8. 前田 智弘,岡本 淳,小川 和久,富田 章久,“空間光変調器の校正による位相変調信号の生成精度向上,”映像情報メディア学会技術報告,vol.43,no.5,MMS2019-21,pp.209–213,2019年2月.

  9. Tomohiro Maeda, Atsushi Okamoto, Kazuhisa Ogawa, Akihisa Tomita, Yuta Wakayama, and Takehiro Tsuritani, “Mode conversion based on dual-phase modulation utilizing interference of two-phase-modulated beams,” Optical Review, vol.25, no.6, pp.734–742, Dec. 2018.

  10. 前田 智弘,岡本 淳,小川 和久,富田 章久,若山 雄太,釣谷 剛宏,“デュアルフェーズモジュレーションによる空間モードの選択的変換に関する実験,”電子情報通信学会 技術研究報告,vol.117,no.196,OCS2017-32,pp.51–55,2017年8月.

  11. Yanfeng Zhao, Atsushi Okamoto, Tomohiro Maeda, Yuki Hirasaki, Akihisa Tomita, and Masatoshi Bunsen, “Parallel and simultaneous spatial mode conversion using photorefractive crystal for photonic cross-connect,” Proc. SPIE, vol.9389, pp.93890H-1–93890H-10, Feb. 2015.

  12. 趙 岩峰,岡本 淳,前田 智弘,平崎 裕貴,富田 章久,文仙 正俊,“フォトニッククロスコネクトのためのホログラフィックメモリを用いた並列空間モード相互変換,”電子情報通信学会 技術研究報告,vol.114,no.459,MMS2015-36,pp.291–296,2015年2月.

  13. Atsushi Okamoto, Tomohiro Maeda, Yuki Hirasaki, Akihisa Tomita, and Kunihiro Sato, “Progressive phase conjugation and its application in reconfigurable spatial-mode extraction and conversion,” Proc. SPIE, vol.9130, pp.913012-1–913012-11, May 2014.

 

International Conferences

  1. Tomohiro Maeda, Atsushi Okamoto, Kazuhisa Ogawa, and Akihisa Tomita, “Experiment on Mode Conversion Based on Wavefront Superposition Method,” International Workshop on Holography and Related Technologies 2019 (IWH2019), 6p-2, Penang, Malaysia, Nov. 2019.

  2. Yiwo Lu, Atsushi Okamoto, Hisatoshi Funakoshi, Tomohiro Maeda, Kazuhisa Ogawa, and Akihisa Tomita, “Super-Resolution Optical Projection Using Single-Lens Spatial Cross Modulation Method,” 29th International Symposium on Imaging, Sensing, and Optical Memory 2019 (ISOM'19), We-L-03, Niigata, Japan, Oct. 2019.

  3. Tomohiro Maeda, Atsushi Okamoto, Kazuhisa Ogawa, and Akihisa Tomita, “Accurate Complex Amplitude Modulation by Iterative Spatial Cross Modulation Adapted to Arbitrary Input Intensity Distribution,” 29th International Symposium on Imaging, Sensing, and Optical Memory 2019 (ISOM'19), We-L-04, Niigata, Japan, Oct. 2019.

  4. Satoshi Shinada, Taijun Shiba, Tomohiro Maeda, Taketoshi Takahata, Atsushi Okamoto, and Naoya Wada, “Characterization of Spatial-Mode Demultiplexer using 1550-nm-band Angularly Multiplexed Volume Holograms,” 24th OptoElectronics and Communication Conference/International Conference on Photonics in Switching and Computing 2019 (OECC/PSC 2019), ThE1-3, Fukuoka, Japan, July 2019.

  5. Tomohiro Maeda, Atsushi Okamoto, Kazuhisa Ogawa, Akihisa Tomita, Yuta Wakayama, and Takehiro Tsuritani, “Highly Accurate Mode Conversion Using Iterative Spatial Cross Modulation,” 24th OptoElectronics and Communication Conference/International Conference on Photonics in Switching and Computing 2019 (OECC/PSC 2019), TuE2-4, Fukuoka, Japan, July 2019.

  6. Taijun Shiba, Atsushi Okamoto, Tomohiro Maeda, Taketoshi Takahata, Satoshi Shinada, and Naoya Wada, “Mode Selective Switch Using Volume Holograms and a Spatial Light Modulator,” 24th OptoElectronics and Communication Conference/International Conference on Photonics in Switching and Computing 2019 (OECC/PSC 2019), TuD3-2, Fukuoka, Japan, July 2019.

  7. Tomohiro Maeda, Atsushi Okamoto, Kazuhisa Ogawa, Akihisa Tomita, Yuta Wakayama, and Takehiro Tsuritani, “Accuracy of Mode Conversion based on Dual-Phase Modulation using Two Spatial Light Modulators,” 23rd Microoptics Conference (MOC2018), K-4, Taipei, Taiwan, Oct. 2018.

  8. Tomohiro Maeda, Atsushi Okamoto, Kazuhisa Ogawa, and Akihisa Tomita, “Design of Complex Amplitude Modulation for Suppressing Optical Loss in Mode Conversion by Considering Radiation Modes,” International Workshop on Holography and Related Technologies 2017 (IWH2017), P9, Numazu, Japan, Nov. 2017.

  9. Tomohiro Maeda, Atsushi Okamoto, Kazuhisa Ogawa, Akihisa Tomita, Yuta Wakayama, and Takehiro Tsuritani, “Selective Mode Conversion Using Dual-Phase Modulation,” 22nd Microoptics Conference (MOC2017), C-4, Tokyo, Japan, Nov. 2017.

  10. Yuki Hirasaki, Atsushi Okamoto, Tomohiro Maeda, Akihisa Tomita, and Kunihiro Sato, “Adaptive Compensation for Extraction of Spatial Modes using Progressive Phase Conjugation,” 19th OptoElectronics and Communications Conference and 39th Australian Conference on Optical Fibre Technology 2014 (OECC/ACOFT 2014), TU4B-1, Melbourne, Australia, July 2014.

  11. Tomohiro Maeda, Atsushi Okamoto, Yuki Hirasaki, Atsushi Shibukawa, and Akihisa Tomita, “Reconfigurable Spatial Mode Conversion using a Phase-Type Spatial Light Modulator,” 19th OptoElectronics and Communications Conference and 39th Australian Conference on Optical Fibre Technology 2014 (OECC/ACOFT 2014), TUPS1-38, Melbourne, Australia, July 2014.

  12. Atsushi Okamoto, Yuki Hirasaki, Tomohiro Maeda, Akihisa Tomita, and Kunihiro Sato, “Progressive Phase Conjugation and Selective Extraction of Six Different Speckle Patterns in Multi-Mode Fiber,” 5th EOS Topical Meeting on Optical Microsystems (OµS'13), G2-05, Capri, Italy, Sept. 2013.

  13. Tomohiro Maeda, Atsushi Okamoto, Yuki Hirasaki, Akihisa Tomita, and Yuta Wakayama, “Holographic-Diversity Interferometry for Reference-Free Phase Detection,” 10th Conference on Lasers and Electro-Optics Pacific Rim, and 18th OptoElectronics and Communications Conference / Photonics in Switching 2013 (CLEO-PR & OECC/PS 2013), WF4-4, Kyoto, Japan, July 2013.

  14. Yuki Hirasaki, Atsushi Okamoto, Tomohiro Maeda, Akihisa Tomita, and Yuta Wakayama, “Conversion and Extraction of Spatial Modes from a Multimode Fiber by Reference-Free Holographic Diversity Interferometry,” 10th Conference on Lasers and Electro-Optics Pacific Rim, and 18th OptoElectronics and Communications Conference / Photonics in Switching 2013 (CLEO-PR & OECC/PS 2013), MR2-6, Kyoto, Japan, July 2013.

 

Domestic Conferences

  1. 簗瀬 智史,赤羽 浩一,松本 敦,山本 直克,菅野 敦史,前田 智弘,外林 秀之,“Biサーファクタント効果を利用したInAs量子ドットレーザの特性評価,”第69回 応用物理学会 春季学術講演会,26a-E301-5,相模原,2022年3月.

  2. 石橋 梨乃,前田 智弘,外林 秀之,“遺伝的アルゴリズムの導入による空間クロスモジュレーションを用いた空間モード変換技術の性能向上,”第69回 応用物理学会 春季学術講演会,23p-D315-8,相模原,2022年3月.

  3. 矢田 雄輝,赤羽 浩一,菅野 敦史,前田 智弘,外林 秀之,“半導体量子ドットモードロックレーザによるサブピコ秒パルス生成,”レーザー学会 学術講演会 第42回年次大会,F02-12a-VI-01,オンライン,2022年1月.

  4. 前田 智弘,岡本 淳,外林 秀之,“空間クロスモジュレーションによる高次空間モードの変換,”2021年 電子情報通信学会 ソサイエティ大会,C-3/4-5,オンライン,2021年9月.(依頼講演)

  5. 金木 潔良,赤羽 浩一,前田 智弘,外林 秀之,“Bi援用相互拡散法による通信波長帯単一光子発生に向けたInAs量子ドットの低密度化,”第82回 応用物理学会 秋季学術講演会,12p-N406-8,オンライン,2021年9月.

  6. 張 帥,岡本 淳,前田 智弘,沈 澤宇,小川 和久,富田 章久,“モード拡散多重通信における2光波間の最小識別距離の評価,”第56回 応用物理学会北海道支部/第17回日本光学会北海道支部 合同学術講演会,A-14,オンライン,2021年1月.

  7. 山岸 信博,岡本 淳,前田 智弘,野澤 仁,小川 和久,富田 章久,“ローパスフィルタの適用による仮想シフト手法における強度分布間の位置ずれ量推定精度の向上,”平成30年度 IEICE北海道支部学生会 インターネットシンポジウム,CF101-03,オンライン,2020年2月.

  8. Yiwo Lu, Atsushi Okamoto, Hisatoshi Funakoshi, Tomohiro Maeda, Kazuhisa Ogawa, and Akihisa Tomita,“Super-resolution optical projection using spatial cross modulation method with single-lens and random diffuser,”平成30年度 IEICE北海道支部学生会 インターネットシンポジウム,CF101-07,オンライン,2020年2月.

  9. 前田 智弘,“モード分割多重伝送に向けたデュアルフェーズモジュレーションによる空間モード変換,”日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan 2019 (OPJ2019),3pDS3,吹田,2019年12月.

  10. 前田 智弘,岡本 淳,小川 和久,富田 章久,相馬 大樹,若山 雄太,釣谷 剛宏,“反復空間クロスモジュレーションによる基本モードから高次モードへのモード変換に関する実験,”日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan 2019 (OPJ2019),3pP8,吹田,2019年12月.

  11. 前田 智弘,岡本 淳,小川 和久,富田 章久,“6モードファイバへの接続を想定した波面重ね合わせ法による空間モード変換に関する実験,”令和元年度 電気・情報関係学会 北海道支部連合大会,76,室蘭,2019年11月.

  12. 林 穂高,前田 智弘,柴 泰純,岡本 淳,小川 和久,富田 章久,“体積ホログラムを用いたモード選択スイッチの基礎実験,”令和元年度 電気・情報関係学会 北海道支部連合大会,75,室蘭,2019年11月.

  13. 沈 澤宇,岡本 淳,前田 智弘,小川 和久,富田 章久,“プログレッシブ位相共役技術を用いたモード分散の低減に向けた検討,”令和元年度 電気・情報関係学会 北海道支部連合大会,73,室蘭,2019年11月.

  14. 前田 智弘,岡本 淳,小川 和久,富田 章久,相馬 大樹,若山 雄太,釣谷 剛宏,“反復空間クロスモジュレーションによるガウシアン分布から空間モードへの高精度な波面変換,”第80回 応用物理学会 秋季学術講演会,21p-E204-5,札幌,2019年9月.

  15. 岡本 淳,前田 智弘,舟越 久敏,“空間光変調器を用いた光波制御と光情報処理,”2019年 電子情報通信学会 総合大会,C-3-20,東京,2019年3月.(依頼講演)

  16. 南 喆,前田 智弘,岡本 淳,野澤 仁,小川 和久,富田 章久,“2波長光源を用いた深さ方向計測領域拡張手法における最適光源波長に関する数値解析,”第54回 応用物理学会北海道支部/第15回日本光学会北海道支部 合同学術講演会,B-16,函館,2019年1月.

  17. 前田 智弘,岡本 淳,小川 和久,富田 章久,若山 雄太,釣谷 剛宏,“デュアルフェーズモジュレーションにおける破壊的干渉を利用したモード変換の精度向上,”日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan 2018 (OPJ2018),31aP20,東京,2018年10月.

  18. 前田 智弘,岡本 淳,小川 和久,富田 章久,“波面の重ね合わせを利用した高精度かつ低損失なモード変換,”平成30年度 電気・情報関係学会 北海道支部連合大会,140,札幌,2018年10月.

  19. 前田 智弘,岡本 淳,小川 和久,富田 章久,若山 雄太,釣谷 剛宏,“デュアルフェーズモジュレーションを利用したモード変換器における入力ビーム径の最適化,”2018年 電子情報通信学会 ソサイエティ大会,B-10-15,金沢,2018年9月.

  20. 南 喆,前田 智弘,岡本 淳,野澤 仁,小川 和久,富田 章久,“2波長光源を用いた深さ方向計測領域拡張手法における計算結果の位相計測誤差依存性に関する数値解析,”第53回 応用物理学会北海道支部/第14回日本光学会北海道支部 合同学術講演会,C-12,札幌,2018年1月.

  21. 趙 岩峰,岡本 淳,前田 智弘,平崎 裕貴,富田 章久,“フォトニッククロスコネクトのためのフォトリフラクティブ結晶を用いた並列空間モード変換,”平成26年度 電気・情報関係学会 北海道支部連合大会,97,札幌,2014年10月.

  22. 小田 友和,岡本 淳,平崎 裕貴,前田 智弘,富田 章久,“プログレッシブ位相共役技術による偏光多重空間モードの抽出,”第75回 応用物理学会 秋季学術講演会,19p-S11-9,札幌,2014年9月.

  23. 平崎 裕貴,岡本 淳,富田 章久,前田 智弘,“プログレッシブ位相共役技術を用いたマルチモードファイバを伝搬する空間モードの変換と抽出,”電子情報通信学会 2014年総合大会,B-10-58,新潟,2014年3月.

  24. Atsushi Okamoto, Yuki Hirasaki, Tomohiro Maeda, Yanfeng Zhao, and Akihisa Tomita,“Reconfigurable Spatial Mode Conversion using a Spatial Light Modulator,”電子情報通信学会 2014年総合大会,B-10-61,新潟,2014年3月.

  25. 前田 智弘,岡本 淳,富田 章久,平崎 裕貴,“空間光変調器による位相変調を用いたリコンフィギュラブルな空間モード変換,”第27回 光通信システムシンポジウム,P-22,三島,2013年12月.

 

Award​s

  1. 日本光学会 2019年度光学奨励賞,2019年10月.

  2. 平成30年度 電気・情報関係学会 北海道支部連合大会 若手優秀論文発表賞,2018年12月.

 

Competitive Funds

  1. 一般財団法人丸文財団 国際交流助成,2021年10月.

  2. 青山学院大学総合研究所 アーリーイーグル研究支援制度,2021年4月–2022年3月.

  3. 日本学術振興会 科学研究費補助金(研究活動スタート支援),2020年9月–2022年3月.

  4. 青山学院大学総合研究所 アーリーイーグル研究支援制度,2020年4月–2021年3月.

  5. 一般財団法人丸文財団 国際交流助成,2018年6月.

 

Patent

  1. 岡本 淳,前田 智弘,柴 泰純,高畠 武敏,品田 聡,和田 尚哉,”モード選択スイッチ”(特開2021-012252).

 

Others

  1. 岡本 淳,前田 智弘,“光複素振幅制御技術による情報フォトニクスの新展開,”電気学会誌,vol.140,no.5,pp.299–302,2020年5月.

  2. 岡本 淳,前田 智弘,柴 泰純,品田 聡,和田 尚也,高畠 武敏,“ホログラムの光通信デバイスへの応用,”光アライアンス,vol.30,no.3,pp.9–13,2019年3月.